« 百済観音に一目惚れ | Main | ろうそく能《葵上》@宝生能楽堂 »

23 July 2008

法隆寺と斑鳩の小さなお寺

JR奈良駅から快速電車にゆられること11分、あっという間に法隆寺駅に到着です。
駅前のバスターミナルから、さらに小型の可愛い定期バスに乗って約10分、意外と簡単に法隆寺に着いてしまいました。

それにしても、初めて訪ねるお寺の南大門をくぐる時のワクワク感て良いですね♪
ここ法隆寺でも胸のときめきを覚えました。

Horyuji02法隆寺では、建築や仏像など美術品の素晴らしさに、とにかく圧倒されました。
細かく見出したら、もうキリがなさそう。
だけど、すごく面白そう!
ちゃんと古代建築史や仏教美術の勉強をして、また来たいなと思いました。

Horyuji03それから、法隆寺東院伽藍すぐお隣りの尼寺、中宮寺にも立ち寄ってみました。
ここには、それはそれは美しい弥勒菩薩半跏像が安置されていて、うっとりと拝見させていただきました。

ところで、菩薩さまから、ふと目を脇に移すと、厨子に納められた絵のようなものもあります。
近寄って、良く見ると刺繍です。
わあ、これが「天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)」なの?と思ったら、お寺にあるのはレプリカで、本物は奈良国立博物館に所蔵されているのだとか。
う〜む、残念!と思っていたら、偶然、特集展示(7月13日まで)「繍仏と染織の美」が開催されていて、幸運にもオリジナルを拝見することができました。

「天寿国繍帳」は、聖徳太子の妃 橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)が、太子の死を悼んで、太子が往生している天寿国という理想浄土を、宮中の釆女たちに刺繍させたもので、もともとは法隆寺の講堂に納められていたのですが、鎌倉時代に中宮寺の尼僧 信如が法隆寺の蔵の中から見つけ出した時には、かなり傷みが進んでいたので複製が作られ、共に中宮寺に納められたのだそうです。
現在伝わっているのは、江戸時代にオリジナルと複製を繋ぎあわせたもので、驚いたのは、今も美しく色が残っているのは飛鳥時代の部分なのだそうです。すごいですね〜
刺繍のモチーフには人物、鳳凰、飛天などが見られ、とても美しいのですよ。

Horyuji01さて、中宮寺を出たあとは、斑鳩の田園風景を楽しみながらトコトコとハイキング。
まず向かったのは、法輪寺です。
このお寺は、聖徳太子の子 山背大兄王(やましろのおおえのおう)が622年に造ったお寺で、かつては法隆寺西院伽藍の三分の二位の規模があり、法隆寺再建中には、法隆寺の金堂釈迦像や薬師像が移されていたのだそうです。
現在は、講堂に沢山の仏像が安置されていて、前後左右至近距離から拝見でき、とてもありがたかったです。
特に「薬師如来坐像」と「虚空蔵菩薩立像」が良いなぁと思ったら、この二つの像も法隆寺の百済観音像と同じ飛鳥時代の仏像でした。

法輪寺を後にし、また田んぼの中を歩いて、次は法起寺まで行きました。
こちらも山背大兄王が聖徳太子の岡本宮跡に建立したお寺で、三重塔は飛鳥時代のものだそうです。
仏像も古いものがあるようでしたが、ガラス張りのお堂の中に安置されていて、あまり良く見えなかったのが残念でした。

聖徳太子ゆかりのお寺をめぐって大満足したところで、さぁ!次は博物館だ〜と、はりきってバス停に行ってみると、あらら、ちょうど行ってしまった後みたい。え〜っ!次のバスは一時間後? やだぁ、待てない。という訳で法起寺から法隆寺駅まで歩いてしまいました。
30分以上かかったかな?
でも、途中、地元の小さな男の子達が声をかけてくれ、何故か?クワガタムシが沢山いる墓地の場所を教えてくれたり、のどかな斑鳩の里を楽しく散歩することができました。

|

« 百済観音に一目惚れ | Main | ろうそく能《葵上》@宝生能楽堂 »

Comments

はろるどさん、こんにちは。

本当、そうですね。
私も法隆寺とその周辺を歩いたからこそ、斑鳩の里の雰囲気や、飛鳥、難波、平城(なら)とどういう位置関係にあったのか理解も深まり、とても良かったです。(^^)

でも、訪問した日は晴れていたので、とにかく暑かったです。(^^;

その点でも、確かに自転車なら楽に周れそうですね。
幹線道路は自動車の交通量が多く、奈良って結構スピードを出してる車も多くて(^^;驚きましたが、ちょっと脇道に入れば快適にサイクリングできそうですよね。

Posted by: snow_drop | 04 August 2008 at 12:33

こんばんは。ご満喫された様子ですね。
法隆寺だけでももちろん素晴らしいのですが、
法輪寺や法起寺のようなお寺も廻ってこそ、
あの独特な斑鳩の魅力を堪能出来るのかなと思います。本当に歩いて良かったです。

お天気は如何でしたか。レンタサイクルという手もあるそうなので、今度はそちらも試してみたいなと思います。(バス少ないですよね…。道も結構混んでますし…。)

Posted by: はろるど | 03 August 2008 at 20:55

nakaさん、こんにちは。

本当、そうですね。
あの辺りは、奈良時代からずっと変わらぬ風景なのでしょうか?
かつては聖徳太子の斑鳩宮もあったわけだし・・・???
私、古代史を、しっかり勉強しなおさないとダメだ~(^^;;;

Posted by: snow_drop | 29 July 2008 at 12:58

私も法隆寺から田園の中を歩きました。有名な寺のすぐ近くがこんなになっていたとは、なぜか思いこんでいたイメージとは異なり、別な意味で新鮮でした。
また、奈良、行ってみたいな~(^^

Posted by: naka | 28 July 2008 at 22:16

むちゅさん、こんばんは。

ええ〜!むちゅさん斑鳩に住んでいたなんて初耳!
何てステキなことなんでしょ!(^^)

私、よく旅先で、こんな歴史ある街で育ったら、人生観変わるだろうなって思うのですよ。
やっぱり、何かが違うだろうなぁって・・・

今のむちゅさんの中に、確かに斑鳩育ちを感じる!(^^) 羨まし〜

Posted by: snow_drop | 27 July 2008 at 21:32

にけさん、こんばんは。

え? 奈良から自転車で? 1時間位はかかりますか?
そうかぁ、サイクリングも、とても楽しそうですね。(^^)(でも疲れそう(^^;)

私も、田園を歩きながら古墳や三重塔の見える風景を眺めていたら、都会のせわしない生活なんてすっかり忘れられて、とても楽しかったです。

Posted by: snow_drop | 27 July 2008 at 21:22

あゆさん、こんばんは。

古典や漢文を思い出すところが、さすがは、あゆさん!(^^)

奈良って、文学や歴史の探訪、美術鑑賞などなど、色々な角度から楽しめる所だということが、今回、解りました。(^^)
そして首都圏からのアクセスも意外と良いということも。
ぜひ、行きましょ〜(^^)

Posted by: snow_drop | 27 July 2008 at 21:07

小学生の2年間ほど斑鳩で暮らしていたのですが、本当にのどかないい所ですよ♪

法隆寺もその頃からずーっと大好きなお寺です。
なぜか心落ち着きます。

Posted by: むちゅ☆ | 26 July 2008 at 20:57

私は2回、このルートを通りました。
1度は奈良から自転車で、もう一度は法隆寺駅から歩きで。法起寺前のバス停から大和郡山まで行って桜を見ました。
遠目に見る三重の塔が風情があっていいので、それで満足です。

Posted by: にけ | 26 July 2008 at 19:01

相変わらず、写真お上手ですね~♪
写真を見ていると過去に引き戻されます。。。
古典や漢文をやっていた中高生の頃に。
わたしも行きたくなりました。

Posted by: あゆさん | 26 July 2008 at 09:40

The comments to this entry are closed.

« 百済観音に一目惚れ | Main | ろうそく能《葵上》@宝生能楽堂 »