« 阿修羅像と興福寺 | Main | 百済観音に一目惚れ »

21 July 2008

東大寺は大きかった!

Ura_sando興福寺の次は東大寺へ向かうことにしました。

巨大な南大門をくぐると正面に見えて来たのが中門。更にその奥に見えるのが大仏殿。
さ〜すが、人気の大仏さま!
それはそれは大勢の参拝者で溢れかえっていました。
で、私ったら、思わず大仏殿はスルーしちゃいました!

そして向かったのが戒壇院。
大仏殿から少し離れただけなのに、そこには静けさが広がり、周辺では鹿の家族ものんびりくつろいでいました。

案の定、私独り占め!

Nigatsudo今日は朝から全然人が来ないのですよ。
ゆっくりご覧なさい。
と、係の方が声をかけてくださり、奈良時代(8世紀)の四天王像についての解説もしてくださいました。ありがとうございました。
目に黒い石がはめこまれた塑像の四天王は、その恐ろしい顔が迫力満点で思わず逃げ出したくなりました。

正倉院は、離れたところからの外観見学しか出来ませんでしたが、想像していたより大きな建物でした。ん〜っ!これが校倉造りかぁ。

次に、裏参道を通って二月堂を訪ねました。
山の斜面に建つお堂の舞台は見晴らしが良く、大仏殿の大きな屋根越しに見える奈良の街の眺望が素晴らしかったです。

Sangatsudo二月堂すぐ隣りの三月堂(法華堂)は、本尊の不空羂索観音立像(ふくうけんさくかんのんりゅうぞう)をはじめ、国宝や重要文化財に指定された仏像が、そう広くはないお堂の中に、ところ狭しと16体も安置されていて、随分と長い時間過ごしてしまいました。
特に額に三つ目の目を持つ不空羂索観音さまはインパクトありました。
そして、日光菩薩さま、月光菩薩さまが、美しかったです。

三月堂を出て、四月堂(三昧堂)に立ち寄り、千手観音菩薩像を拝見し、すぐ脇の石階段を下ってゆくと、今度は巨大な鐘楼が現れました。
東大寺って、ホント何でも大きい!と感心しながら、また大仏殿前に戻って来たのでした。

と、そこで、あ〜いけない、大仏さま、まだ見てなかった!ということに気がつき、閉門ギリギリセーフで駆け込みました。

巨大な廬舎那仏ですね〜
でも、正直、私好みではなかったです。
大仏殿(金堂)と回廊は、なかなか美しいなとは思いましたが。

そんな訳で、最後は駆け足になってしまいましたが、建築や仏像だけでなく、山あり川あり池あり鹿ありと盛り沢山の東大寺見学、とても楽しかったです。
ちなみに全行程3時間以上もかかってしまいました。

写真は上から

裏参道からの二月堂
二月堂の階段
三月堂(法華堂)

|

« 阿修羅像と興福寺 | Main | 百済観音に一目惚れ »

Comments

SENDOさん、こんばんは。

そうですね! 今回、あちこちお寺を訪ね、かつては広大な敷地を有していたけれど現在は・・・
なんていう所がほとんどだったので、今もこれだけの規模を保っている東大寺は本当に凄いと思いました。(^^)

ところで、あの〜
朝までって・・・ もしかして一晩中いらしたってことですか?
わぁ、お寺って参拝者を閉め出したりしないのですね。
今の私には想像を超えた世界ですが、一度くらい体験してみたいかも。(^^;

Posted by: snow_drop | 22 July 2008 at 21:42

nakaさん、こんばんは。

戒壇院の堂内は、真ん中に多宝塔が置かれていて、その多宝塔を守るように四天王像が東西南北四隅に安置されてました。
三月堂に比べると、見るべき仏像の数は少ないですが、周りをグルッと歩けるので、四天王それぞれを前から後から横から、じっくり鑑賞することができましたよ。
それから、お堂そのものに戒壇院ならでは神聖な雰囲気があって、何だか身の引き締まる思いがしました。(^^;
nakaさんも、次回ぜひ訪ねてみてください。

そうそう、三月堂の堂内の雰囲気もいいですね。
時間を忘れ、いつまでも観音さま達と一緒にいたいなと思う空間でした。(^^)
私も、また訪ねたいです。

Posted by: snow_drop | 22 July 2008 at 21:23

にけさん、こんばんは。

東大寺って敷地が広大だからという理由だけでなく、四季折々、訪ねる度に様々な表情を見せてくれそうですね。
私も、早速また訪ねてみたくて画策しています。
なになに?転害門ですか?メモメモ。
大仏さまは一度みれば充分だけど(^^; 三月堂は、また入ってみたいと思ってます。
にけさんも、次回は是非!(^^)

>奈良の街の中に興福寺があるのではなくて、東大寺と春日大社以外のところはすべて、興福寺の境内のようなもの。

なるほど〜 確かに、そうですよね。

>興福寺の復元が進むといいのですが。

2010年を目指し中金堂の再建が始まるようですね。
私も、瓦たった一枚分ですが(^^; 寄進してきました。

Posted by: snow_drop | 22 July 2008 at 20:58

そうですね大きいです、こういう場所を残した日本人のいいとこですね。
僕は今年の二月堂で内裡に朝までいました、物凄くアヴァンギャルドで音楽的に滋養となっています。

Posted by: Shintaro SENDO | 21 July 2008 at 23:56

私は実は東大寺を訪れても、戒壇院にはまだ行ったことがありません。中はどうでしたでしょうか? なかなか通の観光の仕方のようですが、東大寺、規模が大きいですよね。私は三月堂の薄暗い堂内に浮かぶ菩薩に見とれて、観光説明が何度か繰り返されるまで滞在してしまった記憶があります。歴史と畏怖と優しさが同居したような表情には歴史を超えた普遍的な美があるように感じました。また、行きたいなと思っています。

2月堂の階段の写真、いいですね(^^ ふとしたアングルからもお堂の魅力が伝わってくるようです。

Posted by: naka | 21 July 2008 at 22:14

ほとんど毎年東大寺は歩いています。日本の世界遺産のNO.1なのではないかと思っています。
戒壇院は入ったことありますが、三月堂は、まだ入っていません。できるだけタダで歩けるところだけ、そう、三時間くらいかかります。正倉院まで行くのなら、転害門を通るのもいいと思います。
大仏殿もたいていは正面の扉から見えるので、それですませています。大仏はともかく、大仏殿には圧倒されます。
奈良の街の中に興福寺があるのではなくて、東大寺と春日大社以外のところはすべて、興福寺の境内のようなもの。興福寺の復元が進むといいのですが。

Posted by: にけ | 21 July 2008 at 21:22

The comments to this entry are closed.

« 阿修羅像と興福寺 | Main | 百済観音に一目惚れ »