« 《隅田川》@矢来能楽堂 | Main | 奈良に来ました! »

08 May 2008

B.A.ツィンマーマン《軍人たち》@新国立劇場

Die_soldaten2008年5月7日(水)
新国立劇場 オペラ劇場

昨夜、《軍人たち》を観てきました。

1999年に若杉さん&東京交響楽団でヴォーカルシンフォニー版を聴いているのに、正直あまりよく覚えてないという、どうしようもない私(^^;なのだけど、今回は、大規模オーケストラに加えて特設スピーカーやジャズコンボまで入る、そう簡単には上演できない20世紀傑作オペラの”日本初演”と聞いて、すご~く楽しみに出かけたのでありました。(^^)

B.A.ツィンマーマンの音楽も楽しめたし、演奏も良かったし、歌手のみなさんは歌も演技も、それはそれは見事でした。
演出は、元々はドレースデン国立歌劇場で初演されたプロダクションを借りてきたのだそうですが、さすが2005年ザルツブルク音楽祭の《椿姫》を手がけたウィリー・デッカーさんだなぁと感心させられるところが一杯。
あっという間の2時間半でした。
そして、新国立劇場で、こういう舞台が観られただけでも、すごく画期的!と思ったは思ったのですが・・・

期待しすぎたかな?(^^;;;
座席から立ち上がれないほど打ちのめされる、もっともっと衝撃的な舞台を体験できるのかと・・・

勿論、その内容は、あまりに悲しすぎる卑劣なもので、随分と考えさせられながら見ました。

でも、あの坊主頭や白塗りのメイク、単色の衣裳で登場人物群をグループ分けした舞台美術や、シンプルな箱の中で物語を展開させる手法は既視感があったし古臭ささえ感じてしまいました。
そういえば、2004年に松本で観たサイトウ・キネン・フェスティバルの《ヴォツェック》を思い出しちゃいました。
ひょっとすると、こういう演出は、数年で色褪せて見えちゃうものなのかもしれないですね。(^^;
つくづく、オペラを上演までこぎつけ成功させるって、本当に大変なことなのだなぁと思った公演でした。

   ◇  ◇  ◇

ベルント・アロイス・ツィンマーマン《軍人たち》

指揮:若杉 弘
演出:ウィリー・デッカー
美術・衣裳:ヴォルフガング・グスマン

マリー:ヴィクトリア・ルキアネッツ
シャルロッテ:山下 牧子
ヴェーゼナー:鹿野 由之
ヴェーゼナーの老母:寺谷 千枝子
シュトルツィウス:クラウディオ・オテッリ
シュトルツィウスの母:村松 桂子
デポルト:ピーター・ホーレ
ド・ラ・ロッシュ伯爵夫人:森山 京子
若い伯爵・伯爵夫人の息子:高橋 淳

合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

|

« 《隅田川》@矢来能楽堂 | Main | 奈良に来ました! »

Comments

Sonnenfleckさん、こんにちは。
こちらこそ、ご無沙汰しておりました。

いやいや~ つい↑では、古臭いなぁんて生意気なこと言ってしまいましたが、久しぶりに満足できたオペラ公演だったのですよ。(^^;;;
近頃は流行のサイクルが短いし、当時(1995年)最先端のプロダクションだっただけに、尚更、そう感じてしまったのかもしれません。

来年のマクベス夫人は私も楽しみにしているんですよ!
まだ演出が決まってないようですが、本当かな? 間に合うのかなぁ?
また大型連休が待ち遠しいですね。(^^)

そうそう!LFJで佐藤卓史さんのピアノ、聴かせていただきました♪ とても良い演奏でした。(^^)
ちょっと遅れ気味ですがレポートを書かせていただくつもりです。

Posted by: snow_drop | 12 May 2008 at 13:20

リエンツィさん、はじめまして。
コメントいただき、どうもありがとうございます。

お薦めのクプファー演出《軍人たち》、ぜひ観てみたくなりました。(^^)
ご紹介いただき、どうもありがとうございます。

なるほど。確かにデッカーの演出は、造形的にはキレイだったし、表現も抽象的だったからこそ、良かったのかもしれないですね。(^^;

兎にも角にも、日本初演が大成功で良かったなと思いました。

Posted by: snow_drop | 12 May 2008 at 13:00

ご無沙汰しております。
音楽にも演出にも意外と新しさを感じない、という意見は皆さんのブログや掲示板への書き込みで結構たくさん出ていますね。↑の方も書いていらっしゃるように演出もストレートでしたし、1個のプロダクションとしてのまとまりが良かったので、冷静になって思い返してみると確かにそういう印象があっても全然おかしくないなあと思います。
もっと大人気ない演出だったら、と想像する楽しみは、、来年の《マクベス夫人》に取っておくこととします。まーた来年も有楽町→初台→有楽町…の日程になりそうです(笑)

Posted by: Sonnenfleck | 11 May 2008 at 11:19

こんにちは。ヤフーブログの履歴よりたどって参りました。このオペラはDVDで発売されているシュトットガルトのクプファー演出のものが素晴らしいです。デッカーと異なり複雑なものをそのままみせているような演出です。特に最後の冒頭のティンパニの打撃音が再び鳴りはじめ、映像にマリーの転落のシーンが映し出されていくところが衝撃的です。ただここまで刺激的にやってしまうとそれになれているドイツ人には良いのですが、日本人にはちょっとダメなのかなとも思いました。このデッカー演出でちょうど良いのかもしれません。

Posted by: リエンツィ | 11 May 2008 at 00:47

The comments to this entry are closed.

« 《隅田川》@矢来能楽堂 | Main | 奈良に来ました! »