« 風信子忌 | Main | ウェーバー《魔弾の射手》@新国立劇場 »

21 March 2008

山形政昭(監修)『ヴォーリズ建築の100年』

Vories100以前、何気なく橋爪紳也(監修)『大大阪モダン建築』を見つけた本屋さんで、またもや、ラックの後ろのほうに隠れていたステキな本を発掘してしまいました♪
相性いいのかなぁ? ここの本屋さんと私。(^^)

その本は、山形政昭(監修)『ヴォーリズ建築の100年―恵みの居場所をつくる』(2008年、創元社)

今年は、ウィリアム・メレル・ヴォーリズが建築事務所を開いて100年目にあたるそうで、ヴォーリズに縁のある滋賀県の近代美術館ではウィリアム・メレル・ヴォーリズ展が3月30日(日)まで開催されています。
そのことを少し前に放送されたNHKの番組「新日曜美術館」(だったはず)で知った時、「見たいな、一度は滋賀にも行ってみたいし。あぁ、でも今は時間がないものな。無理だな~」と思ったのでした。

そこに現れたのが、この本。
縦約30センチはある大型本で図版満載のとても充実したもの。
それもそのはず、この展覧会の公式カタログとして作られたものだったのです。
なんてラッキーなんだろう、私。
東京に居ながらにして入手することができるなんて。(^^)

心斎橋の大丸さんをはじめ代表作の写真も盛り沢山で見応え読み応え抜群! 今はもう取り壊されて存在していない建物の写真も収録されているし、ずっと保管したい大切な一冊になりそうです。(^^)

追記:上記展覧会は、福岡の西南学院大学博物館、軽井沢町歴史民俗資料館、大阪芸術大学博物館、そして2009年になってからですが東京の松下電工汐留ミュージアムにも巡回するそうです。
やったぁ!(^^) 大分先だけど楽しみに待ってよう。

【関連エントリ】
汐留ミュージアム「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展」

|

« 風信子忌 | Main | ウェーバー《魔弾の射手》@新国立劇場 »

Comments

たそがれ松さん、こんにちは。

神戸新聞の記事のご紹介、どうもありがとうございます。

六甲山荘は、以前、たそがれ松さんが探検に行かれたところですよね。(^^)
とうとう買取りできたのですね。
市民の寄付でなんて本当にすばらしいことですね。
ヴォーリズの建築事務所ができて100年の今年、とても良い記念になりますね。(^^)

Posted by: snow_drop | 27 March 2008 at 13:01

昨日の神戸新聞に例の六甲山のヴォーリズの別荘の記事が出ていましたよ。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000890838.shtml

Posted by: たそがれ松 | 27 March 2008 at 05:21

The comments to this entry are closed.

« 風信子忌 | Main | ウェーバー《魔弾の射手》@新国立劇場 »