« 大阪市立東洋陶磁美術館 | Main | 「異才伝」須賀敦子 その1 »

16 November 2007

「イタリアへ 須賀敦子 静かなる魂の旅 第2話"アッシジのほとりに"」 

11月18日(日)20:00~21:55、BS朝日で「イタリアへ 須賀敦子 静かなる魂の旅」 第2話"アッシジのほとりに"が放送されるそうです。

昨年、放送された第1話"トリエステの坂道"は、須賀さんにゆかりのある場所や美しい街並みの映像がふんだんに使われ、ふんわりと静かな時間が流れてゆくような作りで、NHKなどでよくあるドキュメンタリー番組や海外からの中継番組とは全く違った趣があり、「へぇ~民放でもこういう番組をつくるんだぁ」と新鮮に感じた覚えがあります。

私が、ジョットのフレスコ壁画《聖フランチェスコ伝》を見たくてアッシジを訪ねたのは、イタリア中部を襲ったウンブリア・マルケ地震よりも前のことだから、もうかれこれ10年以上も前のことになるのだけれど、その壁画や聖フランチェスコ大聖堂の佇まいにも、すごく感動したのは勿論、丘の上に築かれた小さなアッシジの街の細い坂道を登ったり下ったりしながら「こんな場所に生まれ育ったら、同じ人間でも、随分と違った人生を歩むことになるのじゃないかなぁ・・・ 住んでみたいなぁ・・・」と思うほど惹きつけられる美しい街でした。
第2話では、そのアッシジの街が主な舞台になるのかな?

アッシジは、須賀さんが8回も訪れた特別な場所。
明後日、放映される番組の前に、ペッピーノへの書簡も含め、須賀さんがアッシジについて書いた文章のいくつかを、もう一度、読み返してみようと思う。

関連エントリ「イタリアへ 須賀敦子 静かなる魂の旅 最終話"ローマからナポリの果てに"」 

|

« 大阪市立東洋陶磁美術館 | Main | 「異才伝」須賀敦子 その1 »

Comments

mimosaさん、こんにちは。

番組では聖フランチェスコとペッピーノ、聖女キアラと須賀さんを重ねあわせているようでした。

まだはっきりした日時は未定のようですが、この年末年始に再放送があるそうですよ。ご覧になることができると良いですね。
Posted by: snow_drop | 03 December 2007 at 16:08


 聖女キアラつまり、クララですね・・・。それは、是非とも見るべきでしたね・・・。再放送しないかな・・・。フランチェスコ・・・からマルタ騎士団に興味が遷移する様に、キアラにも非常に興味を持ちますね・・・。少し、かいつまんで教えて頂け無いでしょうか・・・。
Posted by: mimosa_357 | 03 December 2007 at 10:49


kappaさん、こんばんは。
聖フランチェスコ教会でグレゴリオ聖歌を聴かれたなんて〜
kappaさんも、アッシジでとても素晴らしい体験をされたのですね。
それに、国鉄の駅を降り立ち街へ向かわれたなんて、わぁ!須賀さんと同じですね。(^^) 初めて訪ねる街って、どうアプローチするかで随分と印象が変わりますよね。

それから、はい〜(^^) 花畑の映像も美しかったですね♪
今回の第2話の作りは、聖フランチェスコと聖女キアラについて時間を多く割いていたせいもあってか、前回の第1話以上に地味な(^^;?内容で、須賀さんのファンじゃなきゃチャンネル替えちゃうだろうな〜と思いながら、実は見ていたのですが、kappaさんに気に入っていただけて良かったです。(^^)
これをきっかけに、須賀さんの著書も読んでいただけたら、とても嬉しいです。
Posted by: snow_drop | 02 December 2007 at 22:30


お久し振りです。やっと録画してしてあった須賀敦子さんの番組を見ることが出来ました。前のエントリのコメント欄はクローズしているようなのでここに書かせてくださいね。
いや〜とても良い番組でした。番組の内容以前に控えめで落ち着いたテンポのナレーション、ピアノとバイオリンとビオラ、そして小鳥のさえずりのみのBGM。作り手のセンスの良さがうかがえます。
私も20年ほど前アッシジを訪れたことがあります。国鉄の駅に降り立ち、そばにいた人から「街はここじゃなくてバスに乗っていくんだ。ほら、あそこ」と指さされた先にみえた山にたつ石造りの街並みを見上げたときの感動は今でも忘れられません。サンフランチェスコ教会もすばらしく中からグレゴリオ聖歌が聴こえてきたときは涙が出てきたことをなつかしく思い出しました。番組中、ノルチャに向かう途中に突然現われた平原の花畑は圧巻でしたね。夢の中のような映像でした。
不勉強で須賀さんのことはよく知りませんでしたが今度本も読んでみようと思います。良い機会を与えていただき感謝です。
Posted by: Kappa | 01 December 2007 at 18:24

Posted by: snow_drop | 23 December 2007 at 21:49

takatakaさん、はじめまして。

アッシジは、私もぜひ再訪したい街の一つです。(^^)
takatakaさんは絵を描かれるのですね。
来年アッシジを訪ねられたら、ぜひ作品も拝見させてくださいね。

Posted by: snow_drop | 19 November 2007 at 10:43

はじめまして。夙川、アッシジ、須賀敦子に興味があるので、このブログ楽しませてもらいました。須賀さんのことはあまり知りませんでしたが、須賀さんと夙川が近い関係にあると知り、彼女に興味わいてきました。アッシジも行ってみたいという夢をもっています。来年あたり。

Posted by: takataka | 17 November 2007 at 12:17

The comments to this entry are closed.

« 大阪市立東洋陶磁美術館 | Main | 「異才伝」須賀敦子 その1 »