« 須賀敦子さんと夙川 | Main | はじめての大阪♪ »

10 October 2007

フランク・ロイド・ライト「旧山邑家住宅」

Yamamura01夙川のすぐお隣りの街 芦屋に、アメリカ人建築家フランク・ロイド・ライト Frank Lloyd Wrightの設計した「旧山邑家住宅」があることを知り、訪ねてみました。

フランク・ロイド・ライトと言えば、今は明治村に移されてしまった「旧帝国ホテル」やピッツバーグの「落水荘(カウフマン邸)」やニューヨークの「グッゲンハイム美術館」などを設計した、この私ですら子供の頃から知ってた(学校の教科書の載っていたのだったっけかな?)とても有名な建築家なのだけど、よ~く考えてみたら建物を実際に見たことはなかったので、今回、とても良い体験ができました。

Yamamura021924年「櫻正宗」の銘柄で知られる灘の酒造家、山邑太左衛門の別邸として竣工された建物は、1935年に天木繁二郎の所有となった後、1947年に株式会社淀川製鋼所の所有となったそうです。
そして、社長公邸や独身寮(何と贅沢な!)などとして使われた後、現在は「ヨドコウ迎賓館」として一般公開されています。

1974年には国指定重要文化財に指定され、1981年に調査工事された後、1985年から1988年にかけて2億3千万円もの費用をかけて保存修理がされたそうです。

Yamamura03その旧山邑家住宅は、阪急芦屋川の駅から歩くこと約10分。芦屋川沿いの小高い岡の上にありました。

まず一言、と~ってもステキな美しい建物でした♪
細工がし易いということで選ばれた大谷石の装飾が外装だけでなく内装にも沢山使われているのですが、石材と木材とガラス、さらには畳や襖までもが大変美しく調和し、温もりの感じられる落ち着いた雰囲気の住宅建築でした。

そして隅々まで繊細なデザインと行き届いた丁寧な仕事が施されていて、ライトの才能に対しては勿論ですが施工した職人さんの手業にも感心させられました。

もし将来、私に家を建てるチャンスがやってきたら、こんなデザインの家がいいなぁ。絶対、無理だろ~な~
兎に角、どこから見ても絵になる建物だったので、かなり調子に乗って撮ってしまった写真はこちらです。

●フォト・アルバム 旧山邑家住宅(芦屋市)

残念ながら、建物の中は撮影禁止だったので、内装はこちらをどうぞ!
もし撮影可能だったらキリがなくて、逆に大変なことになってたかもしれません。

ヨドコウ迎賓館「体験ツアー」
作り付けの家具が物語るライトのインテリア観

|

« 須賀敦子さんと夙川 | Main | はじめての大阪♪ »

Comments

ひでさん、はじめまして。

コメントいただき、どうもありがとうございます。
ひでさんは、旧山邑家住宅の近くにお住まいなのですね。
私も近かったら何度も通ってしまいそうです。(^^;

見るたびに新しい発見のありそうな、隅々まで手の込んだ、とても密度の濃い、美しい建物ですよね。
維持するのに、相当の費用や手間がかかりそうですが、これからも大切に使われ、伝えられるといいですね。(^^)

Posted by: snow_drop | 13 October 2007 at 08:14

のび太さん、こんにちは。

レーモンド夫妻の展覧会が開催されていたのですね。
知りませんでした。久しく鎌倉へも行ってないし、いいな! 行ってみたいな。(^^)

と、思ったけど、来週からグループ展が始まるので、
あ〜時間がない。
のび太さんのレポートを読ませていただいて、ガマンかな?(^^;

それから、今もレーモンドさんの事務所があることも、知りませんでした。確か、ヴォーリズの事務所もあったような?
建築も、お弟子さんによって伝承されてゆくものなのですね。(^^)

Posted by: snow_drop | 13 October 2007 at 07:59

はじめまして。
mixiに旧山邑邸を見学に行った人がいてたいへんうれしく思っております。
私は以前何回も見学に行き写真を撮りました。
写真が今はダメなんて初めて知り驚いております。
なぜ、なんでしょうね。

突然、入ってごめんなさい。

Posted by: ひで | 12 October 2007 at 19:59

 良い建物を見られて良かったですね。以前、どこかの会社の施設になったりしていた筈ですけどね。私は残念ながら見ていませんが…。

 フランクロイドライトの弟子でレーモンドという建築家がいますがご存じですか?(日本にその設計事務所があるんですが…。)snow_dropさんならご存じですよね。
 今の設計事務所は(名称はそのまま残していますが)、70人くらいの事務所なんですが、レーモンドの最後のお弟子さんがやっています。
 今、鎌倉の神奈川県立美術館で「アントニン&ノエミ・レーモンド展」(21日まで)を開催中です。先日、招待状をいただいていたので、これから行ってくるところです。
 snow_dropさんのようにちゃんとした報告はできそうもありませんが、一応ブログをお楽しみに…(^_^)。

Posted by: のび太 | 12 October 2007 at 12:08

KINさん、こんにちは。

KINさんも、訪問されたことがあるのですね。(^^)
そうですね、とても美しくてスタイリッシュなのに、光や風など自然もふんだんに取り込めるし、肩肘張らず寛げそうな家ですよね。

以前は中の撮影もできたのですか? いいなぁ。
どうして、ダメになっちゃったのだろう?
撮影に熱中しすぎて、他の見学者の邪魔になったりするのかなぁ?

それにしても、あのライト坂の急勾配はキツかったです。(^^;
私も、こんなに急な坂道を、毎日、食料品の買い物袋を持って登るの大変だなぁ~なんて思ったけど・・・
そうか!そうでした。
あそこは、自分で買い物に行く必要のない方々の住む地域でしたね。(^^;

Posted by: snow_drop | 11 October 2007 at 13:01

もう、5年位前になりますが、私もこの建物見に行きました。
本当に理想のうち、ですよね。住みたい・・・。
立地が駅から遠くて不便、と思いましたが、あ、この地域に
住む人は送り迎えの車があるから関係無いのか・・・と、
貧乏人の発想だったと気が付きました。

ちなみに私が行ったときはフラッシュをたかなければ写真
はOKでした!

Posted by: KIN | 11 October 2007 at 01:01

The comments to this entry are closed.

« 須賀敦子さんと夙川 | Main | はじめての大阪♪ »