« はじめての大阪♪ | Main | 「イタリアへ 須賀敦子 静かなる魂の旅 第2話"アッシジのほとりに"」  »

15 October 2007

大阪市立東洋陶磁美術館

Ataka01中之島の大阪市立東洋陶磁美術館で「美の求道者・安宅英一の眼 − 安宅コレクション展」を見ました。

今まで、古い時代の中国や韓国の陶磁器を見る機会がほとんどなかったので、とても良い眼の保養になりました。
とても洗練された美しいものばかりで、私のなかにあった中国や韓国のイメージも、ずいぶんと変わってしまいました。

Ataka02これら素晴らしい陶磁器を集めたのは、今からちょうど30年前の1977年に解散してしまった総合商社 安宅産業株式会社の当時会長だった安宅英一(1901〜1994)さん。
とても優れた鑑識眼と美意識を持ったコレクターだったそうです。
でも・・・ たくさん買い過ぎちゃったのかしらん?

安宅産業が破綻した時、もしかしたら散逸してしまったかもしれないコレクションを、今こうして一点も欠くことなく私達が鑑賞できるのは、住友グループが大阪市に寄贈してくれたおかげだそうです。

Ataka04それから、安宅さんはクラシック音楽も大好きだったそうで、東京藝大の優秀な学生に贈られる奨学金「安宅賞」の設立者でもあったのですね〜
昭和15年に始まったこの奨学金、現在はご遺族によって引き継がれているそうです。

ところで、この美術館は館内の撮影が許可されていました。素晴らしいことです!
国宝や重要文化財など価値の高い器も数多く展示されていたのですが、あまりそういうのに拘らず、私の独断と偏見で「いいなぁ〜 好きだなぁ〜」と思ったモノを撮らせていただきました。

●フォト・アルバム 大阪市立東洋陶磁美術館

そうそう! この美術館、10月から半年間、電気設備工事のため休館となり、「安宅コレクション」は、12月16日(日)まで東京日本橋の三井記念美術館で観ることができるそうです。おすすめです♪

|

« はじめての大阪♪ | Main | 「イタリアへ 須賀敦子 静かなる魂の旅 第2話"アッシジのほとりに"」  »

Comments

はろるどさん、こんにちは。

フォトアルバムまで見ていただいて、ありがとうございます。
そうなんです♪
実物は、私のヘタッピな写真の何十倍も美しく輝くような色でした。

ぜひ、はろるどさんも大阪へお出かけになられる機会があったら、東洋陶磁美術館を訪ねてみてください。(^^)

Posted by: snow_drop | 09 November 2007 at 13:27

snow_dropさんこんばんは。
お写真素敵ですね。ありがたく拝見させていただきました。「緑釉黒花 牡丹文 瓶」や「紫紅釉 盆」は是非この目でも見てみたいと思います。それにしても本当に美しい色ですね。目に染みます。

天目も見事でした。今度は大阪へカメラ持参で見に行ってきたいです。

Posted by: はろるど | 08 November 2007 at 21:05

The comments to this entry are closed.

« はじめての大阪♪ | Main | 「イタリアへ 須賀敦子 静かなる魂の旅 第2話"アッシジのほとりに"」  »