« 小磯良平の書簡発見(神戸新聞より) | Main | 須賀敦子さんと夙川 »

25 September 2007

神戸市立小磯記念美術館

Koiso01神戸滞在中、神戸港に浮かぶ六甲アイランド内にある神戸市立小磯記念美術館にも立ち寄ってみました。
(余談ですが、この時、乗った六甲ライナー。 車窓から海を眺めていると、突然、目の前が真っ白に! 沿線に建つ集合住宅のプライバシーを守るため、一定区間、窓ガラスが白く曇る仕組みになっているんですね。それにしても、ビックリしました)

Koiso04神戸出身の洋画家 小磯良平(1903~1988)の遺族から神戸市へ寄贈された2000点に及ぶ作品、蔵書、資料、アトリエを保存し展示する目的で作られた美術館は、ほどよい規模のシックな佇まいで、緑いっぱいの中庭には、かつて住吉山手にあった自宅&アトリエのアトリエ部分が移築されていました。

Koiso05建物の北側には高くて大きな明りとり窓が設えられていて、一目で「あ!ここがアトリエだ!」って解りますね)

アトリエ内は見学することもでき(撮影は禁止でした)小磯さんの作品に度々登場する椅子やリュートなど色々なモチーフがそのまま置かれ、書棚には大型の画集や美術書が並び、壁には新制作派協会(現 新制作協会)展のポスターやピカソやマネ(だったと思う)の複製画が貼られたままになっていました。

Koiso02また、アトリエのドアや窓枠は、前日みた旧シャープ邸(萌黄の館)に似たペールグリーンで塗られていて、明るく優しい上品な雰囲気でした。
そういえば、私の先生のアトリエも、ドアや窓枠がペールグリーンだったなぁ。偶然かなぁ?
もしかして、この色、製作中の絵の邪魔にならず、目が休まる色なのかもしれないな。

Koiso03作品展示室では「小磯良平作品選Ⅱ 油彩・素描・版画・挿絵原画展」と「コレクション企画展示 人、ヒト、Figure展」が開催されていて、ゆったりと心ゆくまで鑑賞することができました。

小磯さんの代表作は、これまでテレビ番組や画集などで見る機会も多く、竹橋の国立近代美術館では戦争画を目にしていたのですが、よくよく考えてみると、これだけ纏まった数の本物を観たのは初めてだったのでした。

今回、兵庫県立美術館と小磯記念美術館で、数多くの実物に接して気がついたことは、じっくり観るとカンヴァス地が部分的に透けて見えるくらい薄塗りで、筆跡を残しタッチを上手く生かして、量感や質感を上手く出していることでした。
そして、つくづく、厚塗りしたり、あれこれマチエールに凝ったりしないサラッとした絵なのに、すごく魅力的で存在感があるのは、ああ、やっぱり並外れたデッサン力によるところが大きいな~と思ったのでした。

また、人物画ばかりでなく、造形的な静物画も数多く観ることができ、とても勉強になりました。藝大の教員だった頃の実験的ともいえる作品も、とても興味深かったです。

それから、今まで観る機会の少なかった戦争画のための小品やスケッチも観ました。
生前、戦争画について語ることのなかった小磯さんが友人あてに送った手紙の中から戦争画に関するものが発見されたと言うニュースを旅行前に知り、「そうだろうなぁ、あんな穏やかで温かな絵を描く人が、好きで戦争画なんて描くはずないよ」って思っていたところだったので、それらを目の前にして何だか複雑な思いにとらわれました。

その書簡が、9月15日から11月18日まで、この美術館で公開されているのだそうです。期間があえば私も見たかったです。
「戦争画の在り方批判 小磯良平の書簡発見」神戸新聞ニュース

|

« 小磯良平の書簡発見(神戸新聞より) | Main | 須賀敦子さんと夙川 »

Comments

ご無沙汰しております。久々に足跡を振り返り訪問させていただきました。
展覧会大盛況の様子目に浮かぶようです。
ただ残念なのはYahooでダイアリーさんの10点の作品が拝見できなかったことが返す返すも残念です(笑)
本当は展示会の小磯さんの「神戸市立小磯記念美術館」の所にコメントを書きたかったのですがココログはまだ二度目の書き込み良く解りません。
小磯さんには家内が40年前に芸大でデッサンを見てもらっています。
私は新制作創立会員彫刻部の吉田芳夫・船越保武
スペースデザイン部の岡田哲郎(敬称略)が恩師の為(35年前)新制作の名前が出ると私も家内も大学時代を思い出します。誰しも使う言葉ですが「昔は良かった・・・」

Posted by: アトリエバラ | 04 February 2008 at 20:26

Posted by: snow_drop | 05 February 2008 at 13:00

とらさん、こんにちは。
レス遅くなってしまい、ごめんなさい。

とらさんの小磯さんの記事を拝読させていただきました。
まったく同感です!
私も、NHKの新日曜美術館を見ましたが、あの姫路市立美術館のキュレーターの「《斉唱》は戦争画が生んだ名作」という解釈には強い違和感を覚えました。

絵は、その画家の人となりを驚くほど現します。
数多い小磯さんの作品のうち、今まで私が観たことのあるのは、ほんの僅かではありますが、そこに一貫したものを感じました。
それは、若くして名をあげながら、決して驕れることなく、流行にながされず常に研究し続け、いい加減な仕事をされなかったことです。

絵の素晴らしさだけでなく、そういった画家として、人としてのスタンスが、私を惹きつけるようです。(^^)

そんな小磯さんが、どんな思いで従軍画家となられたのか、私も気になっていたので、今回の手紙の発見で新たな研究が進むといいなと思っています。

神戸は首都圏からだど、気軽にちょっとそこまでという訳にいかないのが辛いですが、もし、機会があれば、とらさん、手紙を読んできてくださいませ~

Posted by: snow_drop | 09 October 2007 at 13:23

小磯の手紙の件、初めて知りました。
彼のファンだけに、戦争画のことが気になっていました。
http://cardiac.exblog.jp/7139268/
この手紙で小磯の人となりにもう一歩迫れそうです。

Posted by: とら | 05 October 2007 at 21:37

にけさん、こんばんは。

にけさんも、小磯記念美術館、訪問されてらっしゃいましたか。(^^)
そうですね、とても見応えありましたね。

小磯さんにちなんだ興味深い企画展が色々と開催されているようだし、コレクションも次々と展示替えしているし、近かったら何度も足を運んでみたい美術館ですね。

Posted by: snow_drop | 02 October 2007 at 22:02

手紙の方は見ていませんが、今年の春、京都5泊した時に初めて小磯記念美術館に行ってきました。けっこう良い作品がたくさんあって感動しました。神戸も初めてだったので、これから大阪と神戸も攻めていこうかと考えています。

Posted by: にけ | 01 October 2007 at 20:16

むちゅさん、はじめまして。
コメントいただき、どうもありがとうございます。

むちゅさん、公開された小磯さんの手紙をご覧になられたのですね。

そうですか、6ページにもわたる手紙だなんて、かなり深くつっこんだ内容のものなのでしょうね~
あの、たおやかな女性像を描かれる小磯さんの書かれる小さな文字って、どんななんだろう?
当時は戦争中だったんですよねぇ・・・

神戸までは、なかなか行くことができないので、むちゅさんのお話し、
とても参考になります。ありがとう。

Posted by: snow_drop | 26 September 2007 at 15:44

はじめまして。
足跡からやってきました。

小磯氏が友人宛に送ったお手紙、見ました。
とっても小さい字で、びっちり表、裏と6ページくらいにわたって綴られておりましたよ。

Posted by: むちゅ | 26 September 2007 at 13:59

The comments to this entry are closed.

« 小磯良平の書簡発見(神戸新聞より) | Main | 須賀敦子さんと夙川 »