« パリ・シャトレ座 ラモー《レ・パラダン》 | Main | ヴェルディ《アイーダ》@ミラノ・スカラ座 »

20 November 2006

文庫版『須賀敦子全集』

Atsuko_suga_kawade先日、本屋さんをブラブラしていて、偶然イイモノ見つけてしまいました。(^^)

文庫版『須賀敦子全集』(2006年10月、河出文庫)です!

2000年に河出書房新社から全集が出た時も、いいなぁ~欲しいなぁ~とは思ったものの、一冊5,000円以上する本を全9冊揃えるのは、私には財政的にちょっと厳しく、諦めたままでした。(^^;

Morandi_1939_1その全集の文庫版が、この秋から順次、河出文庫から出版されるようなのです。
手にとってページをめくると、紙面が小さいので余白はギチギチ、文字もぎっしりで、決してレイアウト的に美しい本とは言えないのでありますが、やっぱり、お手軽価格が嬉しいです♪

Morandi_1948でもね・・・
これを揃えると、今まで集めてきた須賀さんの単行本や文庫本とダブってしまうのですよね・・・
本棚に並べておくには、文庫版全集は合理的なんだけど、古い本を処分するのも、ちょっと寂しいし・・・
どうしたものかぁ・・・

Morandi_1948_49ところで、平積みになっていたこの本を見つけた瞬間、一番最初に私の目に飛び込んで来たのは、実は表紙の絵柄でした。
「あ、モランディだ!」
「あれ? 須賀さんの全集だぁ!」
ってな具合に・・・(^^;

Morandi_1949でも、よくよく見ると、
「モランディの絵じゃない! 写真だよこれ~?」

ジョルジョ・モランディ Giorgio Morandi (1890-1964)は、イタリアのボローニャで生まれ没した画家。
若い頃描いた風景画も残っているけれど、やっぱりモランディと言えば瓶やカップの静物画ですよね。(^^)

未来派との交流もあり、キュビスムっぽい静物を描いていた時期もあるけれど、私は1940年位から晩年にかけて描かれた、単調なようでいて絶妙なバランスを保っている構図と、柔らかな色調の静物画が大好きです。

それにしても、表紙のモチーフ、モランディの絵画と驚くほどそっくり!
もしかして、現在、ボローニャに再現されているというモランディのアトリエで撮影したものだったりして?

表紙の写真は、イタリアの写真家ルイジ・ギリの『アトリエ・モランディ』からのものだということが解りました。
Luigi Ghirri "Atelier MORANDI "
(16Jan2007追記)

アトリエにも、いつか行ってみたいな。
モランディの静物画のような、静寂な世界が感じられるのだろうか?

【画像】上から

《静物》 1939年
油彩、カンヴァス 41,5×47,3cm
モランディ美術館(ボローニャ、イタリア)

《静物》1948年
油彩、カンヴァス 35,9×50cm
モランディ美術館(ボローニャ、イタリア)

《静物》1948~49年
油彩、カンヴァス 26×35cm
Thyssen-Bornemisza Museum(マドリッド、スペイン)

《静物》1949年
油彩、カンヴァス 32.5×42.0cm
ニューサウス・ウェールズ・アート・ギャラリー(シドニー、オーストラリア)

|

« パリ・シャトレ座 ラモー《レ・パラダン》 | Main | ヴェルディ《アイーダ》@ミラノ・スカラ座 »

Comments

みおさん、こんにちは。

そうですね~ モランディの作品を見ていると、次第に心が落ち着いてくるのが解りますね。
ガチャガチャした日常生活から離れたい時にピッタリかもしれない。(^^)

須賀さんは、とても優しく穏やかな、それでいてリズム感のある文を書かれる方で、そういう意味でモランディの絵のような文章かもしれないなぁ。(^^)

最初は『コルシア書店の仲間たち』(文春文庫)あたりが読みやすく面白いと思います。
エッセイのような、物語のような、自分史のような・・・
魅力一杯の一冊です。
みおさんも、ぜひ読んでみてね!

それから、須賀さんて、その生き方にもピンと筋が一本通っていてステキなのよ~ 憧れの女性です。

Posted by: snow_drop | 22 November 2006 at 12:59

モランディ、良いですね〜
色も好き。単調な直線と曲線も好き。
落ち着きます〜。

須賀敦子さんの本は読んだ事がないのですが
どんな感じなんですか?

Posted by: みお | 21 November 2006 at 23:39

ちまさん、こんにちは。

ね~ 本当に、すごいよね~
この微妙な色は、日本に住んでる私たちには、なかなか出せない色だと思うんだぁ。

そしてこの構図。
シンプルだからなのかなぁ?不思議なほど飽きないよね。
私なんて、いくらでも見ていられる。(^^;

静物画、しかも同じモチーフを繰り返し繰り返し描くことで創り出されたものなのだろうか?
こういう画家に、私、すごく刺激されます。

Posted by: snow_drop | 21 November 2006 at 13:32

こだまさん、うんうん、そうなの「渇いた土臭さ」って解るな。

私はボローニャって、一度も行った事ないのだけど、もしかしてモランディの絵って、生涯離れなかったボローニャの街やその郊外からの影響があるのかなって思ったんです。
何故なら、静物画にもかかわらず、そこに街並みとか自然の色を感じてしまうんですよ。

こだまさんの、この冬のイタリア出張の行程にボローニャは入ってる?
どんな街なのかなぁ~ 行ってみたいなぁ~

それから、私は須賀さんの著作に最初の一冊ですっかりはまってしまい、読み漁った口なのですが、ダメな人はダメみたいなんですよぅ。。。(涙)

でも、やっぱり!
こだまさんにはイタリア旅行の前、そしてお供に、エッセイ集を是非ともお勧めしたいです。(^^)

Posted by: snow_drop | 21 November 2006 at 13:21

おお、モランディ。なんで瓶や陶器だけで、こんな絵が描けるかなー。色もトーンも幅が狭くて、静寂が感じられる一方で、リズムがあるから退屈しないんですよね。具象画なのに、モティーフそのものがどこか幾何学的で。ちょっと暗喩っぽいところもあるし。ただの静寂じゃなくて瞑想的。たかが瓶なのにー…。奥が深いです。

Posted by: ちまる | 21 November 2006 at 01:32

モランディの絵からはなんというか、渇いた土臭さ とでもいうような雰囲気を感じますね。 須賀敦子さんの著作も読んでみようかな。

Posted by: こだま | 20 November 2006 at 17:51

The comments to this entry are closed.

« パリ・シャトレ座 ラモー《レ・パラダン》 | Main | ヴェルディ《アイーダ》@ミラノ・スカラ座 »